こんなに好きなんだから、
ワイレアで働こう。

箱田 江美

お台場ヴィーナスフォート店入社1年

ホテルの専門学校を卒業した後、ホテルのダイニングスタッフとして7年勤務。ワイレアのジュエリーと出会い、魅力を広めたいと感じて2016年4月に入社。

ワイレアの魅力を、
もっと多くの人に知って欲しかった。

ワイレアとの出会いは、6年前。ジュエリーの美しいデザイン、ハワイらしい温かみ、そして一人ひとりが想いを込められることに魅了されて、その瞬間から大好きになってしまいました。そしていつの間にか、ワイレアの伝道師になっていたのです。ワイレアの店舗を見かけては、友達を連れて「彫りが綺麗でしょ。お客様一人ひとりのためにオーダーメイドでつくっているんだよ!」とまるで自分のもののように自慢していました。

当時、私はホテルのダイニングスタッフとして勤めていたのですが、どうしても、お客様との関係が浅く、短く感じてしまい、心が入っていなかった。それを察したのか、友達が「そんなに好きだったら、ワイレアで働けば?」と言ってくれたのです(笑)。やっぱり好きを仕事にしたい。友達の言葉に後押しされてそう気づき、ワイレアへの入社を決意できました。

「ここでよかった。」
心からそう思ってほしい。

ワイレアのジュエリーは、決して安い買い物ではありません。だからこそ、お客様に絶対に満足して帰ってほしい。例えば、マリッジリングを探していた、ある若いカップル。少しお話をお伺いすると、ワイレアの2色のゴールドのリングに憧れて購入を検討されていましたが、マリッジリングのご予算があまりない、と懸念もされていました。そこで、私が感じるワイレアの魅力をまっすぐにお伝えしたところ、おふたりが最終的に選んでくださったのです。もちろんその分、ちゃんと期待を超える責任がありました。既製品でないからこそ、心から満足できる商品を届けるのはスタッフにかかっています。でも、リングができあがった時のおふたりの幸せそうな表情を見て、ワイレアを選んでくださって本当によかった、と安心できました。これから挑戦したいことは多いです。でもまずは心から「ここで作れてよかった」と、より多くの人に思っていただくことを目指しています。
募集職種を見る